顧問医からの推薦文

mizunosensei勝俣先生とは勝俣接骨院が開業して間もないころからのお付き合いで、そろそろ20年の月日が経とうとしています。
勝俣先生はとても誠実で、患者さん思いの柔道整復師(接骨院院長)です。「何よりも、患者さん第一」という考え方は私も共感するところです。柔道をしていたせいか、体格も立派で、とてもタフガイです。そんなところも、患者さんから信頼される要素の一つと思います。
最近では地域社会への貢献として、老人介護施設に出向き、ボランティアで「転倒予防教室」を開き、大変好評です。
彼は、骨折の有無、予後(今の怪我が今後どうなるか)、大きな病気が隠れてないか、などに少しでも疑問、不安がある場合には、ためらわず、患者さんを私ども水野整形外科に紹介してきます。それが彼のおおきな誠意なのです。いつの時代でも我々医療従事者にとって大事なことは、患者さんへの誠意です。
水野整形外科としても、職場や学校による時間の制限や、住居からの交通手段の制限などにより通院が難しい場合、勝俣接骨院には安心して患者さんの日々の治療を任せる事ができます。お盆やお正月で当院がお休みの時にも、勝俣先生にお願いして、骨折の固定など患者さんのことをお任せすることもあります。このような医接連携(医療機関と接骨院の連携)は患者さんにとって、とても大事なことであり、今後ますます押し進めていくべき事だと思います。
水野整形外科にも多くの柔道整複師が勤務していますが、勝俣先生の技術と人柄を見込み、教育顧問としてその教育の一端もお願いしています。
前述した医接連携をはじめ、職員同士の交流、プライベートではありますが、家族の交流も含め、勝俣先生との関係はますます深まっていくことと思います。
「何よりも、患者さんが第一」を理念にお互い仲良く頑張っていきましょう。

[勝俣接骨院顧問医 水野淳成 先生プロフィール]

水野整形外科院長
整形外科専門医
公益社団法人神奈川県柔道整復師会 横浜西支部顧問医