かつまたかわらばんNo.164「今年を振り返って」 

千葉 大貴chiba

今年の冬は暖冬かと思うくらい暖かく、東北出身の私からすると、少し物足りなく感じてしまう今日この頃ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?今年も残りわずかとなりましたので、一年を振り返ってみようかと思います。

日本では各地の火山が活発化し、世界に目を向けるとテロが相次ぎ、尊い命が奪われています。日本は他国と比べ安全で良い国だと実感する半面、テロなどの恐怖と隣り合わせで生活している方々もいると思うと心が痛みます。

さて、私自身を振り返ってみると、技術面のみならず、人間的にもだいぶ成長できたのではないかと思います。最近、よく患者様に言われる言葉があります。「治療中の表情が軟らかくなったね。」と。以前はどんな顔をして治療していたのかと私自身に喝を入れたくなる瞬間でもあります。しかしそのおかげか、患者様の体調の変化などに気が付けるようになったり、周りを気にしながら治療も出来るようになり、心に余裕が出来てきたのかなと思います。この余裕を上手く使い、より一層治療に磨きをかけていきたいと思います。

皆さん、今年やり残した事はありませんか?残りの日数で片付け、スッキリした心持で新年を迎えたいものですね。これにて今年のかわらばんは終わりです。また来年お会いしましょう!